譲り受けた楽器

ずいぶん前に、ある男性アーティストのイベントに参加した。

トークライブか何かだったと思うのだが、会場でプレゼントの抽選会があり、実際に彼がステージで使用していたスレイベルという楽器を、私が引き当てた。直接スレイベルを手渡してもらい、握手してもらった上に一言二言、会話まで交わすことができたのだが


会場の皆さんの視線が、とても痛かった(汗)


受け取った瞬間、その重みにたじろいだ。

愛用の楽器を譲り受けるという行為は、同時にその人の体の一部であるとか、魂の片鱗をも受け入れるぐらいの覚悟がいる。

スレイベルは使い込まれており、こまかな傷もあったが大切なものであることは想像できた。ためらったが、スタッフの方に促されて(イベントの進行は分刻み、秒刻みだ)


大切にします


とお礼を言って、元の席に戻るしかなかった。


演奏方法を少しでも聞いておけばよかったな、と今になって思う。

私に思い切りが足りないのか、はたまた思いが足りないのか(もちろん技術も足りないが)、彼が音楽番組やステージで奏でていたような澄んだ音色には、ほど遠い。


パーカッショニストではない彼の鳴らすスレイベルを、もう一度間近で聴きたい。