気になるあの人〜2〜

以前から三崎亜記さんの小説が好きで、よく読んでいる。

「廃墟建築士」までの作品を読んだが、独特の世界観にとりこまれ、しばらく他の作家のものが読めなくなった。(※全くもって個人の感想です)


今は地味なファン活動に没頭しているので、本を読む機会がすっかり減ってしまった。気持ちに余裕が出来たら、またあの世界の中で心を遊ばせようと思っている。