チェイス~国税査察官~

あなたには、この世界を憎む権利がある

~「チェイス」公式サイトより~


暇つぶしにつけたテレビがきっかけでハマった、お気に入りのドラマが何本かある。

そのうちの1本が『チェイス~国税査察官~』という作品だ。


このドラマで、私は2人の役者を知る。

1人は、ARATA(現・井浦新さん)。

1人は、斎藤工さん。


今、私はこの2人(のみに限らず)のファンなのだが、幸せな出会いだった。2人から発せられている「何か」にひとめぼれ(?)して、「チェイス」以降もテレビで、彼らに「再会」するたびに嬉しく思ったものだ。


そして「国籍不明、年齢不詳」かに思えた人物が、斎藤工という役者だった。


「チェイス」が放送されていたのは2010年。 ほんの2年前だ。そして、今日までのご活躍は皆様ご存知の通り。

このドラマに出会えなければ、多分斎藤工さんについて「なんだかかっこいい人がいる」というありふれた感想しか、いだかなかっただろう。

だが「チェイス」での彼はどこか危うく、時に無邪気で、それでいて儚げで悲しみに満ちていた。


今思い出してもその印象は鮮烈で「こんなに不思議な雰囲気の人がいるのか」と思ったことは忘れられない。