「海に沈んだ町」読了

三崎亜記の「海に沈んだ町」を読み終えた。

短編小説が9編おさめられており、それぞれの物語にモノクロームの不思議な写真が添えられている。

切ない話、不条理な話、ほっとする話、そして…ぞっとする話。

どの物語にも喪失というテーマが見え隠れし、自分の半身のように慕っていた人が「失われた」ばかりの私には重い話もあった。


「ニュータウン」という物語が、短編集の最後におさめられている。生態保存された町の話だ。喪失の物語でもあり、再生と希望の物語でもある。だから、読後感は決して暗くはならない。

独特な世界観は好みの分かれるところだろうが、よろしければ。


個人的にゾッとした物語→「巣箱」