色、イロ、いろ

先日「映画工房(WOWOW無料枠にてオンエア中)」で、「ブリキの太鼓」が紹介されていた。

以前テレビで観たことがあり、結構、きた(汗)

ところで「映画工房」で紹介された映像はカラーだったので、「おや」と思った。

記憶に残る「ブリキの太鼓」は、モノクロだったからだ。


記憶力には自信がない私だが、いくらなんでも自分の観た映画がモノクロームかカラーかぐらいは、間違えないはずだ(多分)。

番組での紹介のされ方からリメイク版でないことがわかったので、自分なりに調べてみた。


数日かかってたどりついた意外な答えは、「染色映画」という言葉だ。

フィルム染色という技術により、モノクロの映画に色をつけるだけでなく、さまざまなシーンの臨場感を作り出すのが目的で行われる技術らしい。

私が観たものは、染色される前のものだったのだろう。

記憶違いでないことがわかってほっとしたのだが、さすがにカラーになったものを観る勇気が、ない(大汗)