映画「悪夢のエレベーター」

映画「悪夢のエレベーター」(2009)を観た。

物語の半分以上がエレベータの中、という密室の中で繰り広げられる(脱出劇ではない)。

この一見「密室」、実はさまざまな思惑が絡み合っているのだが…感想を一言で語るとすれば、こわ面白かった(ほかに言いようはないのか💧)

こういう展開の物語は、大好物である。


最後の最後、エンドロールのあとまでお見逃しなく。

未見の方で、怖い映画なのか…と思われたあなたへ(タイトルがタイトルですものね)。

映画を観た後で、夜トイレに行けなくなったり、エレベーターに乗れなくなったり、ということは、ありませんでした。

ちなみに参考になるかどうかは保証できませんが、私は割と怖がりなほうです。

ただし、ご覧になったあとで「怖かったじゃないか💢」と責めないで頂ければ幸いでございます。


意外な騙され方をしてみたい。

そんなあなたにおすすめの1本です。