14年前の三池崇史監督作品

毎週「QP」を観ているうちに、だいぶ流血シーンに免疫がついたらしい。

「十三人の刺客」も、倒れずに(汗)観ることができた。痛そうなシーンを苦手としている私には、快挙かも知れない。


三池監督、ありがとうございます(?)


さすがに三池作品は、過去に観てないだろうと思い込んでいたのだが、「十三人の刺客」の他に、なんと4本も観ていた( ̄▽ ̄;)

そのうちの1本が「アンドロメディア」(1998)。SPEEDが出演した作品だ。


AIという人工知能を巡るストーリーで、SFのようなファンタジーのような雰囲気だった。

椎名桔平さんが目的で、劇場まで観に行ったのだ。そして、この映画が私にとって初めて観た、三池崇史監督作品になったというわけだ。


「アンドロメディア」から14年、「愛と誠」が間もなく公開になる。

いつのまにか斎藤工さんのファンになり、日常生活の傍ら、あまりファンブログらしくないブログを書くのが日課になった私。


本当に非日常の縁というのは、いつも不思議で面白い。